NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

モネの「睡蓮すいれん」 やぶれたりよごれたりした修理しゅうりする

Story illustration

東京とうきょう国立西洋美術館こくりつせいようびじゅつかん去年きょねんがつから、フランスの画家がかのクロード・モネがかいた「睡蓮すいれんやなぎ反映はんえい」を修理しゅうりしています。

このは100ねんぐらいまえにロンドンやパリでをたくさんあつめた松方まつかた幸次郎こうじろうがモネからったとわれています。だい次世界大戦じせかいたいせんのあと、このはどこにあるのかわからなくなりましたが、2016ねんにパリのルーブル美術館びじゅつかんつかりました。

おおきさはたてが2m、よこが4mぐらいあります。しかし、うえ半分はんぶんやぶれてなくなっていて、のこっている部分ぶぶんもひどくよごれています。美術館びじゅつかん専門家せんもんかたちはについているかびなどのよごれをったり、うらべつかみってつよくしたりしています。

専門家せんもんかは「これほどわるくなったおおきな修理しゅうりしたはなし世界せかいでもいたことがないので、とても大事だいじ仕事しごとになるとおもいます」とはなしていました。

国立西洋美術館こくりつせいようびじゅつかん今年ことしがつに「松方まつかたコレクションてん」をひらいて、このはじめてせる予定よていです。