NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

あつでも気持きもちがいい つめたいマスクをつく

山形県やまがたけん山辺町やまのべまちにある会社かいしゃが、あつでもつめたくかんじるあたらしいマスクをつくりました。ものつめたくしておくときによく使つかう「保冷剤ほれいざい」を利用りようしています。ぬののマスクの裏側うらがわつくったポケットに保冷剤ほれいざいれると、1時間じかんはんぐらいつめたくかんじます。

このマスクは、山形県やまがたけんにある自動販売機じどうはんばいきっています。自動販売機じどうはんばいきなかは4℃にしてあります。保冷剤ほれいざいいていて、1まい1300えんです。あたらしいマスクをれてもすぐになくなるぐらいれていると会社かいしゃっています。

会社かいしゃひとは「あたらしいコロナウイルスの問題もんだいげがすくなくなって、まちのほかの会社かいしゃ一緒いっしょかんがえてつくりました。あつ散歩さんぽするときなどにぜひ使つかってほしいです」とはなしています。