NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

北朝鮮きたちょうせん拉致らちされた横田よこためぐみさんのちちしげるさんがくなる

Story illustration 横田滋さん葬儀

横田よこたしげるさんは、1977ねん中学校ちゅうがっこう年生ねんせいのときに拉致らちされて北朝鮮きたちょうせんれてかれた横田よこためぐみさんのおとうさんです。6がつ5日いつかに87さいくなって、8日ようか川崎市かわさきし葬式そうしきがありました。

横田滋さん夫妻

しげるさんはつま早紀江さきえさんと一緒いっしょに40ねん以上いじょう、めぐみさんを北朝鮮きたちょうせんからたすけてほしいとつづけてきました。そして、めぐみさんや北朝鮮きたちょうせん拉致らちされたほかのひとたちをたすけるための活動かつどうをしてきました。しかし、からだ具合ぐあいわるくなって、おととし4がつから川崎市かわさきし病院びょういん入院にゅういんしていました。

葬式そうしきには、しげるさんの家族かぞく拉致らちされたひとたちの家族かぞく政府せいふひと活動かつどう応援おうえんしていたひとなど50にんあつまりました。しげるさんの写真しゃしんまわりには、活動かつどうのシンボルだったあおいリボンとたくさんのはなかざってありました。

つま早紀江さきえさんは9日ここのか、「おっとはとても頑張がんばひとでした。病気びょうきになってもよわ言葉ことばわない、つよひとでした」といました。