NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

避難所ひなんじょでコロナウイルスがうつらないようにをつけること

Story illustration

大雨おおあめなどの災害さいがいあぶないとき、安全あんぜん場所ばしょ避難ひなんすることが大事だいじです。学校がっこう建物たてものなどの「避難所ひなんじょ」にげる場合ばあいあたらしいコロナウイルスがうつらないようにをつけることを専門家せんもんかなどにきました。

避難所ひなんじょにはマスク、消毒しょうどくするアルコール、体温計たいおんけいっていきます。マスクがない場合ばあいは、わりにハンカチやタオルを使つかいます。消毒しょうどくのアルコールがない場合ばあいは、ウエットティッシュも使つかうことができます。避難所ひなんじょはいまえには、体温たいおんからだ具合ぐあいをチェックしてください。

避難所ひなんじょでは、つぎの3つのことが大切たいせつです。

建物たてものなか空気くうきして、そと空気くうきれます。
・ほかのひととのあいだを2m以上いじょうにします。
・ほかのひとちか場合ばあい会話かいわをしません。
3つの密をさける

ほかのひと背中せなかけてすわったり、ひとひとあいだだんボールなどをくことも、せきやくしゃみでウイルスがうつらないようにするために大切たいせつです。そして、食事しょくじまえやトイレにったあと、ドアなどいろいろなひとさわところさわまえあとは、かならあらって消毒しょうどくをしてください。

避難所ひなんじょでの生活せいかつつづ場合ばあい毎日まいにち体温たいおん調しらべて、からだ具合ぐあいわるくないかどうかチェックしてください。からだ具合ぐあいがいつもとちがうときは、避難所ひなんじょひとらせてください。