NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

「いのちの電話でんわ」 相談そうだんひとすくなくなっている

Story illustration

にたいとかんがえているひとなやみを電話でんわくために、1971ねんに「いのちの電話でんわ」がはじまりました。しかし、相談そうだんひととしをとってきていること、すくなくなっていることが問題もんだいになっています。

いま、50の事務所じむしょで、6000にんぐらいのボランティアが1ねんに60まんぐらいの相談そうだんいています。

しかし、あたらしいコロナウイルスの問題もんだいもあって、13の事務所じむしょがしばらくやすまなければなりませんでした。いま全部ぜんぶ事務所じむしょいていますが、ウイルスを心配しんぱいするひとがいてひとりなくなっているため、相談そうだんくことができないときもあります。必要ひつようなおかねりない事務所じむしょもあります。

専門家せんもんかは「『いのちの電話でんわ』は、家族かぞくにも相談そうだんできないひと最後さいごたすけてほしいとうことができる大切たいせつなところです。役所やくしょがおかねすことや専門家せんもんか協力きょうりょく必要ひつようです」とはなしています。