NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

コロナウイルス 居酒屋いざかやの「和民わたみ」がにくみせわる

Story illustration

あたらしいコロナウイルスの問題もんだいで、食事しょくじをしながらさけ居酒屋いざかや経営けいえいわるくなっています。居酒屋いざかや団体だんたいによると、8がつ去年きょねんくらべてげが60%ぐらいすくなくなりました。

居酒屋いざかやの「和民わたみ」などを経営けいえいしている会社かいしゃは、2022ねんがつまでに120のみせにくみせえることにしました。そして、これから5ねんにくみせを400ぐらいにしたいとかんがえています。

この会社かいしゃでいちばん有名ゆうめい居酒屋いざかやの「和民わたみ」がなくなります。

コロナウイルスの問題もんだいがあっても、にくみせはほかのみせよりきゃくもどってきています。このため「和民わたみ」の会社かいしゃ居酒屋いざかやにくみせえることをめました。

会社かいしゃ会長かいちょうは「居酒屋いざかや和民わたみをなくすことはさびしいです。しかし、時代じだいわったら商品しょうひんえなければいけません」とはなしています。