NHK News Web Easierイーシア

Single Story

オーストリア ナチスの収容所しゅうようじょくなったひとのためにいの

Story illustration

第2次世界大戦だいにじせかいたいせんのとき、ドイツのナチスは、オーストリアにあったマウトハウゼン強制収容所きょうせいしゅうようじょでユダヤじんなど10まんにん以上いじょうころしました。ドイツが戦争せんそうけて、1945ねんがつなかにいたひとたちは自由じゆうになりました。

オーストリアで7日なのかくなったひとのためにいのしきがありました。収容所しゅうようじょからきてることができたひとくなったひと家族かぞく、いろいろなくに代表だいひょうなど7000にんあつまりました。

しきでは、かなしい歴史れきし二度にどとつくってはいけないと20のことばでちかったあと、みんなで石碑せきひはなをあげました。

きてることができたユダヤじんの87さい男性だんせいは「ナチスの時代じだいこわさをっているひとがいなくなることが心配しんぱいです。いま社会しゃかいは、ナチスがてきた時代じだいているとおもいます」とはなしました。

See on NHK News Web Easy (if still available)