NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Single Story

ワクチンをけたあとのからだ具合ぐあい 300まんにん調しらべる

Story illustration

政府せいふは17にち病院びょういんはたらひとに、ファイザーがつくったあたらしいコロナウイルスのワクチンの注射ちゅうしゃはじめます。4がつからはお年寄としよりなどにもはじめます。

ワクチンをけると、注射ちゅうしゃをしたところがあかくなったり、いたくなったりすることがあります。このため厚生労働省こうせいろうどうしょうは4がつから、ワクチンをけたひとにインターネットでアンケートをして、からだ具合ぐあい調しらべます。

ねつが37.5℃以上いじょうあるかや、からだがだるいか、注射ちゅうしゃをしたところがあかくなったかなどを質問しつもんします。

べつ会社かいしゃのワクチンをけたひとにも質問しつもんして、全部ぜんぶで300まんにんぐらいを調しらべます。

アメリカでファイザーのワクチンをけたひと調しらべると、20まんかいに1かい割合わりあいおもいアレルギーがこりました。90%は30ぷん以内いないでした。厚生労働省こうせいろうどうしょうは、まえにアレルギーがこったひとは30ぷんぐらい、ほかのひとも15ふんぐらいのあいだ、ワクチンを注射ちゅうしゃしたあとからだ様子ようすをみるようにします。