NHK News Web Easierイーシア

Single Story

コンゴ民主共和国みんしゅきょうわこくでエボラ出血熱しゅっけつねつ 1人ひとりくなる

Story illustration

「エボラ出血熱しゅっけつねつ」はエボラウイルスというウイルスでうつって、くなる可能性かのうせいがとてもたか病気びょうきです。

アフリカの中部ちゅうぶにあるコンゴ民主共和国みんしゅきょうわこくで、エボラ出血熱しゅっけつねつになったひとつかりました。WHOなどによると、エボラ出血熱しゅっけつねつになった可能性かのうせいがあるひとが4がつ22にちから9にんつかっていて、このなかの3にんくなりました。3にんなか1人ひとりからエボラウイルスがつかっています。

アフリカでは西側にしがわにある3つのくにで、2014ねんから2ねんぐらいエボラ出血熱しゅっけつねつになるひとがとてもえて、1まん1000にん以上いじょうくなりました。コンゴ民主共和国みんしゅきょうわこくでも、2014ねんに40にん以上いじょうくなりました。

コンゴ民主共和国みんしゅきょうわこく政府せいふなどは、この病気びょうき世界せかいひろがらないようにしなければならないとっています。

See on NHK News Web Easy (if still available)