NHK News Web Easierイーシア

Single Story

21世紀せいきわりに日本にっぽん気温きおんは4.5℃たかくなる可能性かのうせい

Story illustration

気象庁きしょうちょうは、21世紀せいきわりに日本にっぽん気温きおんなどがどうなるか、コンピューターで計算けいさんをしました。

この計算けいさんによると、いまのまま地球ちきゅう気温きおんがっていった場合ばあい、1ねん平均へいきん気温きおんは20世紀せいきわりより4.5℃たかくなる可能性かのうせいがあります。

北日本きたにほんで4.8℃~4.9℃、東日本ひがしにほんで4.3℃~4.5℃、西日本にしにほんで4.1℃、沖縄おきなわ奄美あまみで3.3℃たかくなりそうです。東京都とうきょうと中心ちゅうしん平均へいきん気温きおんは19.7℃で、いま鹿児島県かごしまけん屋久島やくしまおなじぐらいになる可能性かのうせいがあります。

気温きおんが35℃以上いじょうになるは1ねん20日はつか~50にちぐらいえそうです。1時間じかんに50mm以上いじょうあめ回数かいすう平均へいきんで2ばい以上いじょうえそうです。

気象庁きしょうちょうは「いまのままだと、熱中症ねっちゅうしょうになるひとおおくなったりつよあめがたくさんったりする可能性かのうせいたかくなります。どうしたらいいかかんがえていかなければなりません」とはなしています。

See on NHK News Web Easy (if still available)