NHK News Web Easierイーシア

Single Story

世紀せいきてられた奈良県ならけん飛鳥寺あすかでらから14真珠しんじゅ

Story illustration

奈良県ならけん明日香村あすかむらにある飛鳥寺あすかでらは、6世紀せいきわりごろにてられたふるてらです。60ねんぐらいまえ飛鳥寺あすかでら調しらべたとき、ガラスのたま一緒いっしょ直径ちょっけい2mmぐらいのまるかたちものが14つかりました。

まるかたちものは、なにでできているかわかっていませんでした。奈良文化財研究所ならぶんかざいけんきゅうしょがXせんなどを使つかって調しらべると、真珠しんじゅだったことがわかりました。

仏教ぶっきょうでは、真珠しんじゅは7つのたからの1つで、きんぎんおなじように大切たいせつにされてきました。奈良文化財研究所ならぶんかざいけんきゅうしょは、飛鳥寺あすかでらつかった真珠しんじゅは、日本にっぽんてらつかった真珠しんじゅなかではいちばんふるいとっています。

See on NHK News Web Easy (if still available)