NHK News Web Easierイーシア

Single Story

あめ被害ひがいがあった秋田県あきたけん大仙市だいせんし ボランティアが手伝てつだいに

Story illustration

秋田県あきたけんでは7がつ22にちと23にちあめがとてもたくさんって、600以上いじょういえなどでゆかうえまでみずはいってきました。とく大仙市だいせんしでは、かわがあふれてたくさんのいえみずはいってきて、おおきな被害ひがいがありました。

30にち大仙市だいせんしに180にんのボランティアがて、いえなどをかたづける手伝てつだいをしました。ボランティアは、どろよごれたものいえからそとしてあらったり、たまったどろ掃除そうじしたりしました。

宮城県みやぎけんからたボランティアの男性だんせいは「6ねんまえ東日本大震災ひがしにほんだいしんさいのときたくさんのボランティアにたすけてもらったので、わたしたすけたいとおもってました。一緒いっしょ頑張がんばりたいです」とはなしていました。

あめのあとどものいえにいるという女性じょせいは「ボランティアのおかげですこしずついえがきれいになってきています。いつかまたこのいえもどってきたいです」とはなしていました。

See on NHK News Web Easy (if still available)