NHK News Web Easierイーシア

Single Story

「おたふくかぜ」でみみわるくなったひと 2ねんで314にん

Story illustration

「おたふくかぜ」はどもがなりやすい、ウイルスでうつる病気びょうきです。この病気びょうきになると、ねつたりみみしたれたりします。日本にほん耳鼻じび咽喉科いんこうか学会がっかい去年きょねんとおととし、やく8000の病院びょういんなどでおたふくかぜになったひと調しらべました。

その結果けっか、314にん以上いじょうひとがおたふくかぜになってみみがよくこえなくなったことがわかりました。このなかの14にんは、両方りょうほうみみがよくこえなくなりました。よくこえなくなったひと半分はんぶんぐらいの49%は、10さいよりちいさいどもでした。

学会がっかいは、おたふくかぜでみみわるくなると、なおすことがむずかしいので、どもはできるだけワクチンを注射ちゅうしゃするようにっています。

日本にっぽんでは、おたふくかぜのワクチンは自分じぶんでおかねはらわなければなりません。このため学会がっかいは、みんながワクチンを注射ちゅうしゃできるようにくにがおかねしてほしいとっています。

See on NHK News Web Easy (if still available)