NHK News Web Easierイーシア

Single Story

アメリカ 大学生だいがくせいがテロや災害さいがいのときにやくものかんがえる

Story illustration

がつ11にち、アメリカのニューヨークのビルなどに飛行機ひこうきむテロがこってから16ねんになりました。ニューヨークにあるパーソンズ美術びじゅつ大学だいがくでは、学生がくせいたちがテロや災害さいがいのときにやくもののデザインをかんがえることになりました。

1995ねんおおきな地震じしんがあった神戸市こうべしのNPOも協力きょうりょくしています。NPOのひとは11にち自分じぶんたちがかんがえた包帯ほうたいやマスクになるぬのや、ギプスのわりになるふくろなどを学生がくせいたちに紹介しょうかいしました。

学生がくせいたちはニューヨークでどんなもの必要ひつよう調しらべて、デザインをかんがえてつくったもの来年らいねんあき発表はっぴょうする予定よていです。学生がくせいは「お年寄としよりやどものやくつデザインをかんがえたいとおもいます」とはなしていました。

See on NHK News Web Easy (if still available)