NHK News Web Easierイーシア

Single Story

北朝鮮きたちょうせんがミサイルを発射はっしゃ まえより1000kmとおくまで

Story illustration

防衛省ぼうえいしょうによると、15にち午前ごぜん57ふんごろ、北朝鮮きたちょうせんがミサイル1ぱつ発射はっしゃしました。

ミサイルは、北海道ほっかいどう渡島半島おしまはんとう襟裳岬えりもみさきうえとおりました。そして、発射はっしゃから19ふんあとに、襟裳岬えりもみさきからひがしやく2200kmの太平洋たいへいようちたようです。ミサイルがんだ距離きょりは、3700kmぐらいでした。

ミサイルから日本にっぽんなにちてきたり、ふね飛行機ひこうき被害ひがいたりしたという連絡れんらくはありません。

防衛省ぼうえいしょうによると、このミサイルは8がつ29にち北朝鮮きたちょうせん発射はっしゃしたミサイルとおなものだった可能性かのうせいがあります。しかし、まえより1000kmぐらいとおくまでんだようです。

北朝鮮きたちょうせん先月せんげつ、アメリカのグアムとうちかくにミサイルを発射はっしゃする計画けいかくがあるといました。15にちのミサイルは、北朝鮮きたちょうせんからグアムとうまでの距離きょりより300kmとおくまでんだことになります。

See on NHK News Web Easy (if still available)