NHK News Web Easierイーシア

Single Story

奈良市ならし若草山わかくさやまむかしからのふゆ行事ぎょうじ山焼やまやき」をおこな

Story illustration

奈良市ならし若草山わかくさやまで28にちむかしからふゆおこなう「山焼やまやき」という行事ぎょうじがありました。若草山わかくさやま頂上ちょうじょうには、むかし身分みぶんたかひとはか古墳こふん」があって、「山焼やまやき」はいのるためにはじまったともわれています。

28にち夕方ゆうがた春日大社かすがたいしゃというおおきな神社じんじゃからとどいて、やましたにある神社じんじゃで「山焼やまやき」がうまくいくようにいのりました。

そのあと600の花火はなびがって、午後ごご時半じはんごろ、たいまつをった300にんぐらいのひとたちが一緒いっしょやまをつけました。れたくさやまひろがって、まわりはあかるくなりました。

千葉県ちばけんからはじめて女性じょせいは「すばらしかったです。すことおくてもあつさがわかりました」とはなしていました。

See on NHK News Web Easy (if still available)