NHK News Web Easierイーシア

Single Story

横浜よこはま中華街ちゅうかがいのホテルがとてもおおきな月餅げっぺいつく

Story illustration

日本にっぽんでは、むかしこよみの8がつ15にちよるにまるいつきたのしむ習慣しゅうかんがあります。中国ちゅうごくでは「中秋節ちゅうしゅうせつ」とんでいて、このよる月餅げっぺいというまるいお菓子かしべるとしあわせになるとわれています。

今年ことしの「中秋節ちゅうしゅうせつ」の10がつ4日よっか中国ちゅうごくみせがたくさんある横浜よこはま中華街ちゅうかがいでは、ホテルがおおきな月餅げっぺいって観光かんこうひとなどにあげました。

用意よういした月餅げっぺいは、直径ちょっけいが1mで、おもさが60kgぐらいあります。つくるのに1にちかかりました。くろいあんのなかにはあひるのたまご黄色きいろ部分ぶぶんはいっていて、月餅げっぺいると、よるそらにまるいつきているようにえます。

ならんでっていた400にんぐらいのひとたちは、月餅げっぺいをもらってうれしそうでした。月餅げっぺいをもらった女性じょせいは「すごくおおきくておどろきました。家族かぞく一緒いっしょべてしあわせになりたいです」とはなしていました。

See on NHK News Web Easy (if still available)