NHK News Web Easierイーシア

Single Story

対馬つしまつかったカワウソは「韓国かんこくからうみながれてきた」

Story illustration

今年ことしの2がつ長崎県ながさきけん対馬つしまいたビデオに、野生やせいのカワウソがうつっていました。日本にっぽんでは40ねんぐらい、野生やせいのカワウソがつかっていませんでした。環境省かんきょうしょうは、日本にっぽんからいなくなった「ニホンカワウソ」がきている可能性かのうせいがあるため、8がつわりごろから対馬つしま調査ちょうさをしていました。

カワウソのふんのDNAを調しらべた結果けっか対馬つしまのカワウソは、韓国かんこくやロシアのサハリンにいる「ユーラシアカワウソ」のおすだとわかりました。かわちかくでは、はばが5cmぐらいの、カワウソの足跡あしあとのようなものもつかりました。

調査ちょうさをした筑紫女学園大学ちくしじょがくえんだいがく佐々木ささきひろし教授きょうじゅは「ニホンカワウソがいる可能性かのうせいはとてもひくくなりましたが、対馬つしまにカワウソがいることがわかってうれしいです。韓国かんこくからうみながれてきたカワウソが対馬つしまむようになったとかんがえています」とはなしています。

See on NHK News Web Easy (if still available)