NHK News Web Easierイーシア

Single Story

三陸鉄道さんりくてつどう運転士うんてんしになった女性じょせい「ふるさとのためにはたらきたい」

Story illustration

三陸鉄道さんりくてつどう岩手県いわてけんうみちかくをはし鉄道てつどうで、6ねんまえ東日本大震災ひがしにほんだいしんさいのときおおきな被害ひがいがありました。

14日じゅうよっか高校こうこうねんのときに東日本大震災ひがしにほんだいしんさい経験けいけんした女性じょせい運転士うんてんしが、はじめて三陸鉄道さんりくてつどう列車れっしゃ運転うんてんしました。この運転士うんてんし岩手県いわてけん宮古市みやこし宇都宮うつのみや聖花せいかさんです。ふるさとのためにはたらきたいとおもって、去年きょねんの4がつ三陸鉄道さんりくてつどう社員しゃいんになりました。いままで運転うんてん練習れんしゅうをしてきて、このから宮古駅みやこえき久慈駅くじえきあいだ運転うんてんすることになりました。

午前ごぜんすぎ、宇都宮うつのみやさんは宮古駅みやこえきでベルをらして、出発しゅっぱつしました。宇都宮うつのみやさんは「すこしでもふるさとを元気げんきにしたいです」とはなしていました。

See on NHK News Web Easy (if still available)