NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Stories on 2020-03-24

Practice Japanese on real news from NHK News Web Easy even more easily. Just try moving your cursor above kanji and difficult words (desktop and laptops) or touching them (smartphones and tablets). You can also subscribe to the RSS feedRSS feed.

For some more stories, visit Slow Communication.

東京とうきょうオリンピックの聖火せいかリレー「トーチを使つかわないでおこなう」

Story illustration

今月こんげつ20日はつか東京とうきょうオリンピックの聖火せいかがギリシャから日本にっぽんきました。26にちから、聖火せいかリレーがはじまる予定よていです。

東京とうきょう大会たいかい組織委員会そしきいいんかいとIOCは、あたらしいコロナウイルスがひろがっているため、オリンピックを予定よていどおりはじめるかどうかはなっています。このため組織委員会そしきいいんかいはないがわるまで、聖火せいかをトーチにつけてはしるリレーをしないとめました。聖火せいかはケースにれて、いろいろなところはこびます。

組織委員会そしきいいんかいは、トーチをったひとはしると大勢おおぜいひとあつまって、ウイルスがたくさんのひとにうつる心配しんぱいもあるとっています。

26にち福島県ふくしまけんおこな聖火せいかリレーをはじめるしきも、ひとれないでおこないます。

ウイルス 4がつから学校がっこうをつけることをくにめる

Story illustration

あたらしいコロナウイルスがひろがって、おおくの学校がっこうやすみになっています。

くには4がつから学校がっこうはじめようとかんがえていて、そのときに学校がっこうをつけることをめました。ウイルスがうつったどもや、うつったひとちかくにいたどもは学校がっこうることができないようにします。

ウイルスは、そと空気くうきはいらない部屋へやで、大勢おおぜいひとあつまって、ちかくではなしをするとうつりやすくなります。このため学校がっこうでは、まどけてそと空気くうきれて、ちかくのひとはなしをするときはマスクを使つかいます。入学式にゅうがくしき部活ぶかつなどをおこなうときも、ウイルスがうつりやすくならないようにをつけます。

先生せんせいどもにウイルスがうつったことがわかったときは、まちなどと相談そうだんして学校がっこうやすみにするかどうかめます。学校がっこうやすみにする場合ばあいは、勉強べんきょうおくれないように宿題しゅくだい用意よういして、ときどきどもたちが学校がっこうをつくります。

WHO「あたらしいウイルスがひろがるスピードがはやくなっている」

Story illustration

あたらしいコロナウイルスが世界中せかいじゅうひろがっています。WHOによると、23にちまでに、世界せかいで30まんにん以上いじょうにウイルスがうつって、1まん4510にんくなりました。

WHOのテドロス事務局長じむきょくちょうは23にち、ウイルスがひろがるスピードがはやくなっているといました。このウイルスが最初さいしょつかってから、うつったひとが10まんにんになるまでは67にちでした。それから20まんにんになるまでは11にちでした。しかし、30まんにんになるまでは4日よっかだけでした。

WHOは、ウイルスがひろがらないように、そとかけないで、ほかのひとちかくにもかないでほしいとっています。そして、くなるひとえないように、医者いしゃなど病院びょういんはたらひとまもることがいちばん大事だいじなので、世界せかいくに協力きょうりょくしてほしいといました。

「うつりません」花粉症かふんしょうやぜんそくのせきだとらせるバッジ

Story illustration

せきやくしゃみをするひとがいると、まわりのひとあたらしいコロナウイルスが心配しんぱいいやがることがあります。

奈良市ならしにあるお土産みやげみせひとは、花粉症かふんしょうやぜんそくでせきなどがひとが、電車でんしゃやバスのなかもうわけないとおもっていることをりました。このため、あたらしいウイルスではないことをらせるバッジをつくりました。

このみせでは漢字かんじやひらがな、英語えいごで「花粉症かふんしょう」や「ぜんそく」といてあるバッジを1つ330えんっています。奈良市ならし鹿しか有名ゆうめいなため、マスクをしている鹿しか一緒いっしょに「うつりません」といてあるバッジもあります。

いに女性じょせいは「温度おんどわるとせきがます。まわりのひといやがらないか心配しんぱいなのでいにました。バッジをけて電車でんしゃります」とはなしていました。

かけないお年寄としより うそをっていえがるひとをつけて

Story illustration

あたらしいコロナウイルスが心配しんぱいで、そとかけないようにしているお年寄としよりがおおくなっています。泥棒どろぼうがこのようなお年寄としよりのいえにうそをってがって、おかねものぬす事件じけんが1がつから2がつまでに47ありました。

東京都とうきょうと町田市まちだしで1がつに、お年寄としよりの女性じょせい1人ひとりいえにいると、2人ふたりおとこました。おとこたちは「ちかくで電気でんき事故じこがあったのでブレーカーをせてほしい」とって、いえがりました。

1人ひとりおとこが2かいるというので、女性じょせい一緒いっしょに2かいきました。もう1人ひとりおとこは1かいていました。おとこたちがかえったあと、1かいにあった財布さいふから15まんえんがなくなっていました。1かいにいたおとこぬすんだようです。

専門家せんもんかは「泥棒どろぼういえひとがいても場合ばあいがあります。らないひといえても、ドアは全部ぜんぶけないようにしてください」とっています。