NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Stories on 2017-07-19

Practice Japanese on real news from NHK News Web Easy even more easily. Just try moving your cursor above kanji and difficult words (desktop and laptops) or touching them (smartphones and tablets). You can also subscribe to the RSS feedRSS feed.

For some more stories, visit Slow Communication.

みみ障害しょうがいがあるひとの「デフリンピック」がトルコではじまる

Story illustration

トルコのサムスンというまちで、18にちから「デフリンピック」がはじまりました。デフリンピックはみみ障害しょうがいがあるひとたちのオリンピックとばれています。今年ことしは23かいで、97のくに地域ちいきから3000にん以上いじょう選手せんしゅます。

日本にっぽんからは108にん選手せんしゅが11の競技きょうぎ予定よていです。日本にっぽんは、いままででいちばんおおい25のメダルをりたいとかんがえています。

選手せんしゅのリーダーで、自転車じてんしゃ早瀬久美はやせくみ選手せんしゅは「2020ねん東京とうきょうオリンピックとパラリンピックに選手せんしゅたちが頑張がんばることができるように、たくさんメダルをりたいとおもいます」とはなしていました。

デフリンピックは30にちまでです。

九州きゅうしゅうあめから2週間しゅうかん からだこころ健康けんこう心配しんぱい

Story illustration

九州きゅうしゅうきたのほうでは5日いつかからたくさんあめって、かわみずがあふれたりやまくずれたりしました。このため、福岡県ふくおかけんで31にん大分県おおいたけんで3にんくなりました。福岡県ふくおかけんではいまも7にん行方不明ゆくえふめいになっています。

5日いつかから2週間しゅうかんぎて、被害ひがいがあったまちにんでいるひとたちのからだこころ健康けんこう心配しんぱいになっています。

大分県おおいたけん日田市ひたし医者いしゃは、学校がっこうなどに避難ひなんする生活せいかつつづいてつかれたり、これからの生活せいかつ心配しんぱいしたりして、よくることができないひとなどがえているとっています。

アルプスのやまこおりなか2人ふたり遺体いたい 75ねんまえひと

Story illustration

スイスのアルプスで13にちたかさ2615mのやまこおりなかから2人ふたり遺体いたいつかりました。

遺体いたいちかくには荷物にもつがありました。スイスの新聞しんぶんやテレビは、2人ふたりは75ねんまえ行方不明ゆくえふめいになった40さいおっとと37さいつまだろうとっています。そして、2人ふたりやまこおりれているところちてくなったようだとつたえています。

アルプスでは、あつさでやまおおきなこおりがだんだんとけています。このため、スイスの新聞しんぶんなどは、これからもこおりなかから行方不明ゆくえふめいひとつかるかもしれないとっています。

マレーシアにあたらしい鉄道てつどうができる 日本にっぽん会社かいしゃ協力きょうりょく

Story illustration

マレーシアにあたらしい鉄道てつどうができました。首都しゅとのクアラルンプールとちかくのまちのあいだの50kmを1時間じかん20ぷんぐらいではしります。

この鉄道てつどうをつくるために日本にっぽん会社かいしゃ協力きょうりょくしました。線路せんろ三菱重工業みつびしじゅうこうぎょう電気でんきのシステムは明電舎めいでんしゃがつくりました。

クアラルンプールでは、みんなが会社かいしゃ時間じかんなどにみちがとてもみます。マレーシアのナジブ首相しゅしょうは17にちしきで「くるまやバスよりはやくことができるので、あたらしい鉄道てつどうでみんなの生活せいかつわるとおもいます」とはなしました。

長崎県ながさきけん 世界せかいでいちばんきたにあるさんごしょうしろくなる

Story illustration

長崎県ながさきけん対馬つしまうみのさんごしょうは、世界せかいでいちばんきたにあります。国立環境研究所こくりつかんきょうけんきゅうしょなどが去年きょねん12がつ、このさんごしょう調しらべると、30%のさんごがしろくなっていることがはじめてわかりました。みず温度おんどが30°C以上いじょうつづくと、さんごのなか植物しょくぶつプランクトンがいなくなって、さんごがしろくなって可能性かのうせいたかくなります。

国立環境研究所こくりつかんきょうけんきゅうしょによると、対馬つしまちかくでは去年きょねんの7がつと8がつうみみず温度おんどが30°C以上いじょうつづきました。

国立環境研究所こくりつかんきょうけんきゅうしょは、「いつもはみず温度おんどひくきたうみでさんごがしろくなっていたのでおどろいています。うみみず温度おんどたかつづくと、さんごが場所ばしょすくなくなる可能性かのうせいがあります」とはなしています。