NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Stories on 2017-09-11

Practice Japanese on real news from NHK News Web Easy even more easily. Just try moving your cursor above kanji and difficult words (desktop and laptops) or touching them (smartphones and tablets). You can also subscribe to the RSS feedRSS feed.

For some more stories, visit Slow Communication.

なつわって富士山ふじさんのぼみちめる

Story illustration

これからゆき季節きせつになるため、静岡県しずおかけん山梨県やまなしけんでは富士山ふじさんのぼる4つのみちめました。11にちから、頂上ちょうじょうまでのぼることができなくなりました。

ごう須走口すばしりぐちというぐちでは、10日とおか午後ごごごろ静岡県しずおかけん職員しょくいんが、みちめたことをらせる看板かんばんきました。静岡県しずおかけんからのぼるほかの2つのみちと、山梨県やまなしけんからのぼみちめました。

はじめて富士山ふじさんのぼった73さい男性だんせいは「あさることができてよかったです。80さいになったらまたのぼりたいとおもいます」とはなしていました。

メキシコ おおきな地震じしんで90にんくなる

Story illustration

日本にっぽん時間じかん8日ようか午後ごご、メキシコでおおきな地震じしんがありました。

メキシコの政府せいふによると10日とおかまでに、メキシコのみなみ地方ちほうなどで90にんくなったことがわかりました。しかし、たくさんの建物たてものこわれているため、どのくらいの被害ひがいがあるかまだよくわかっていません。

オアハカしゅうまちでは、こわれた建物たてものしたのこっているひとを、おおきな機械きかい使つかってたすけています。

メキシコの政府せいふは、被害ひがいけたひとたちのために医者いしゃくすりおくっています。44さい女性じょせいは「どものためにくすりをもらいにました。みずものがないので、政府せいふたすけてもらいたいです」とはなしていました。

100m 桐生きりゅう選手せんしゅ日本人にっぽんじんはじめて9びょう98ではし

Story illustration

東洋とうよう大学だいがくの4年生ねんせいで21さい桐生きりゅう祥秀よしひで選手せんしゅ9日ここのか大学生だいがくせい陸上競技りくじょうきょうぎ大会たいかいの100m決勝けっしょうました。

桐生きりゅう選手せんしゅは9びょう98ではしって、3ねんつづけて優勝ゆうしょうしました。9びょう98は、日本人にっぽんじんなかでいちばんはや記録きろくです。いままでいちばんはやかったのは、伊東いとう浩司こうじさんが1998ねんした10びょう00でした。日本人にっぽんじんが10びょうよりはやはしったのは、はじめてです。

桐生きりゅう選手せんしゅ高校こうこう年生ねんせいだった4ねんまえ、10びょう01の記録きろくしました。去年きょねんがつ大会たいかいでも、10びょう01ではしって、日本人にっぽんじんはじめて10びょうよりはや記録きろくすかもしれないとわれていました。

桐生きりゅう選手せんしゅは「やっと世界せかい選手せんしゅおなじスタートにつことができたとおもっています。これからはいつも10びょうよりはやはしることができるようにしたいです」とはなしていました。

かみだんボールで蒸気機関車じょうききかんしゃつく

Story illustration

工芸品こうげいひんつく仕事しごとをしているしま英雄ひでおさんは、かみだんボールで「C62」という蒸気機関車じょうききかんしゃつくりました。おおきさは本当ほんとう蒸気機関車じょうききかんしゃおなじで、ながさが22m、たかさが4mです。

しまさんは、福岡県ふくおかけん筑後ちくごにある会社かいしゃからもらっただんボールを3t以上いじょう使つかって、この会社かいしゃ倉庫そうこなか去年きょねんの1がつからつくはじめました。

この蒸気機関車じょうききかんしゃは、車輪しゃりんなど2000部品ぶひんからできています。しまさんは「本当ほんとう蒸気機関車じょうききかんしゃおなじようにつくったので、こまかいところまでてほしいです」とはなしていました。

この蒸気機関車じょうききかんしゃは、今月こんげつ28にちから筑後ちくご九州芸文館きゅうしゅうげいぶんかんることができます。

いえなか火災警報器かさいけいほうきただしくおとるかチェックして」

Story illustration

火災警報器かさいけいほうきは、建物たてものなかけむりねつをセンサーでつけると、おとなどをして火事かじだとらせる機械きかいです。この機械きかいいえなかけなければならないと法律ほうりつまってから、10ねん以上いじょうになりました。

国民生活こくみんせいかつセンターによると、「おとまらない」など火災警報器かさいけいほうきについての相談そうだんいままでの5ねんに141けんありました。インターネットのアンケートでは、「火事かじになったのにおとなかった」とか「火事かじではないのにおとた」などとこたえたひとが13%いました。

総務省そうむしょう消防庁しょうぼうちょうは、去年きょねんあった火事かじなかの91けんで、機械きかいからただしくおとなかったとっています。電池でんちがなくなったことや、こまかいごみがはいっていたことなどが原因げんいんのようです。

国民生活こくみんせいかつセンターは「火災警報器かさいけいほうきは10ねんぐらいでこわれやすくなります。火事かじのときただしくおとるように、時々ときどきチェックをしてください」とはなしています。