NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Stories on 2018-10-31

Practice Japanese on real news from NHK News Web Easy even more easily. Just try moving your cursor above kanji and difficult words (desktop and laptops) or touching them (smartphones and tablets). You can also subscribe to the RSS feedRSS feed.

For some more stories, visit Slow Communication.

インフルエンザにならないよう「真実しんじつくち」にれて消毒しょうどく

これからインフルエンザになるひとえる季節きせつになります。インフルエンザにならないようにみんなに消毒しょうどくしてもらうため、大阪府おおさかふにある病院びょういん玄関げんかんにおもしろい機械きかいきました。

この機械きかいたかさ2mぐらいで、イタリアのローマにある「真実しんじつくち」という有名ゆうめい彫刻ちょうこくのようなデザインです。うそをひとがこの彫刻ちょうこくくちなかれると、をかまれるとわれています。病院びょういん機械きかいは、くちなかれると、消毒しょうどくくすり自動じどうるようになっています。

病院びょういんいままでも玄関げんかん消毒しょうどくくすりいていましたが、使つかひとはあまりいませんでした。しかし、この機械きかいくと、こわがりながられたり、おもしろそうになんれたりするひとがいました。

院長いんちょうは「れたくなるようなあたらしいアイデアを使つかって、病院びょういんからインフルエンザをなくしていきたいです」とはなしていました。

チケットをたかることを禁止きんしする法律ほうりつあん国会こっかい

スポーツやコンサートなどのチケットをった値段ねだんよりたかくインターネットでひとがいて、問題もんだいになっています。2020ねん東京とうきょうおこなうオリンピックとパラリンピックのチケットをたかひとがいるかもしれません。

30にち、この問題もんだいについてかんがえている国会議員こっかいぎいんのグループが会議かいぎひらきました。そして、チケットをった値段ねだんよりたかったり、ほかのひとるためにチケットをもらったりすることを禁止きんしする法律ほうりつあん国会こっかいすことをめました。いまひらいている国会こっかいでこのあんはなって、はや法律ほうりつつくりたいとかんがえています。

TPPが今年ことし12がつ30にちにスタートする

TPPは、太平洋たいへいようまわりにあるくに貿易ぼうえきさかんにするためのルールです。関税かんぜいをなくしたりひくくしたりします。去年きょねんがつ日本にっぽんやアメリカなど12のくにがTPPにサインしました。しかし、そのあとアメリカがTPPにはいらないとったため、11のくにあたらしいルールをめました。

10がつ31にち、TPPが今年ことし12がつ30にちにスタートすることになりました。

TPPは、それぞれのくに議会ぎかいはなって、このルールでいいとみとめたくにが6つ以上いじょうになったら、それから60にちあとにスタートします。

みとめたくにいままで日本にっぽんやメキシコ、シンガポールなど5つでしたが、オーストラリアも31にちみとめて6つになりました。ベトナムも11がつ中旬ちゅうじゅんには議会ぎかいみとめることになりそうです。

VR技術ぎじゅつみせにいるようにいえものができる

Story illustration

鳥取県とっとりけん米子市よなごし会社かいしゃが、VR=バーチャルリアリティーの技術ぎじゅつ使つかって、いえにいてもみせにいるようにものができるシステムをつくりました。

このシステムでは、スーパーのたな映像えいぞういえのテレビにうつします。きゃく映像えいぞうながら品物しなものえらんで、パソコンやタブレットでいます。にく野菜やさいなどのもの家庭かてい使つかものなど1500ぐらいの品物しなものうことができます。品物しなものは、ったとどきます。

会社かいしゃは11がつから、1人ひとりものくことがむずかしいお年寄としよりがかよ施設しせつでこのシステムを使つかってもらう予定よていです。将来しょうらいちかくにスーパーがないひとたちにも使つかってほしいとかんがえています。

日本にほんワイン」くにあたらしいルールができる

Story illustration

くには、日本にっぽんでつくるワインのあたらしいルールをつくりました。

このルールでは、日本にっぽんでできたぶどうだけを使つかって、日本にっぽんでつくったワインにだけ「日本にほんワイン」といてることができます。

そして、日本にっぽんのどこのワインかくときは、その場所ばしょでできたぶどうを85%以上いじょう使つかって、その場所ばしょにある工場こうじょうでつくらなければなりません。

いままではくにのルールがなくて、輸入ゆにゅうしたぶどうを使つかっても、日本にっぽんでつくったら「国産こくさんワイン」とんでいました。くには、ヨーロッパなどとおなじようにルールをきびしくして、日本にっぽんのワインをブランドにしたいとかんがえています。

10がつ30にちびんれたワインからあたらしいルールになっています。