NHK News Web Easierイーシア

Press F to toggle furigana

Stories on 2018-11-28

Practice Japanese on real news from NHK News Web Easy even more easily. Just try moving your cursor above kanji and difficult words (desktop and laptops) or touching them (smartphones and tablets). You can also subscribe to the RSS feedRSS feed.

For some more stories, visit Slow Communication.

フランスの大統領だいとうりょう「2035ねんまでに原発げんぱつの25%をめる」

フランスのマクロン大統領だいとうりょうは11がつ27にち、フランスでいまうごいている原子力げんしりょく発電所はつでんしょ原発げんぱつ)の25%を2035ねんまでにめるといました。フランスではいま58の原発げんぱつうごいていますが、このなかの14の運転うんてんめます。

フランスでは必要ひつよう電気でんきの70%を原発げんぱつつくっています。マクロン大統領だいとうりょうは、この割合わりあいを50%にげるといました。まえ大統領だいとうりょうは2025ねんまでに50%にげるとっていましたが、マクロン大統領だいとうりょうは10ねんおそくしました。

原発げんぱつすくなくするわりに、2030ねんまでに風力発電ふうりょくはつでんいまの3ばい太陽光発電たいようこうはつでんを5ばいにします。そのために毎年まいとし9000おくえんから1ちょうえんぐらい使つか予定よていです。

ヨーロッパでは、ドイツが原発げんぱつ全部ぜんぶめることをめました。マクロン大統領だいとうりょうは「全部ぜんぶめることはかんがえていません」とっています。

家族かぞくなど6にんころされた事件じけん いたナタがつかる

11がつ26にち宮崎県みやざきけん高千穂町たかちほちょうの72さい男性だんせいいえで6にんくなっているのがつかりました。くなったひとはこの男性だんせいつま息子むすこつま、21さいまご、7さいまご息子むすこ友達ともだちです。

警察けいさつは6にんころされた事件じけんだとかんがえています。NHKが取材しゅざいすると、えだなどをるのに使つかうナタがいえなかつかったことがわかりました。ナタにはいていました。

この事件じけんのあと、息子むすこがどこにいるかわからなくなっていました。しかし、27にち高千穂町たかちほちょうかわ息子むすこくなっているのがつかりました。

息子むすこは25にちまで、自分じぶんつまと7さいどもと一緒いっしょ旅行りょこうっていたことがわかりました。息子むすこ友達ともだちは25にちよる夫婦ふうふのけんかをめるとって、このいえったようです。警察けいさつは、息子むすこ事件じけんについてなにっていたとかんがえて、調しらべています。

地方ちほう医者いしゃそだてるための「地域枠ちいきわく」の学生がくせいすくない

医者いしゃりない地方ちほうのために、大学だいがく医学部いがくぶには普通ふつう定員ていいん以外いがい都道府県とどうふけんの「地域枠ちいきわく」の定員ていいんがあります。地域枠ちいきわく学生がくせいは、都道府県とどうふけんから奨学金しょうがくきんなどをもらうわりに、卒業そつぎょうしたあとめられた地方ちほうはたらかなければなりません。

厚生労働省こうせいろうどうしょう調しらべると、2018年度ねんどに22の大学だいがくにある23のけん地域枠ちいきわくで、入学にゅうがくした学生がくせい定員ていいんより20%以上いじょうすくなくなっていました。

大学だいがくなかには、入学試験にゅうがくしけんのときに普通ふつう学生がくせい地域枠ちいきわく学生がくせいけない大学だいがくがたくさんありました。入学にゅうがくしたあとに地域枠ちいきわくはいりたいか学生がくせいいたため、地域枠ちいきわくきたい学生がくせい定員ていいんよりすくなくなりました。

地域枠ちいきわく学生がくせいすくなかった奈良県ならけんは「将来しょうらい必要ひつようになる医者いしゃそだてることができなくて残念ざんねんです」とはなしていました。

くに大学だいがくに、地域枠ちいきわく学生がくせいけて入学試験にゅうがくしけんをするようにっています。

からだ障害しょうがいがあるひといえでロボットをうごかすカフェ

ロボットがものはこぶカフェができました。このみせは、ロボットの研究けんきゅうをしている会社かいしゃなどが、からだ障害しょうがいがあるひとはたら場所ばしょつくるためにかんがえました。

みせにはテーブルが6つあります。たかさ1mぐらいのロボット3だいみせなかうごいて、きゃく注文ちゅうもんいたりものはこんだりします。からだうごかなくなるALSという病気びょうきひとなどが、いえからロボットをうごかしています。ロボットにはカメラとマイクがついていて、きゃく会話かいわをすることができます。ロボットをうごかすひとは、1時間じかんに1000えんもらいます。

岐阜県ぎふけんんでいるくるまいすで生活せいかつしている女性じょせいは「ロボットをとおして、あるいたりまわりをたりすることができます。きゃく仕事しごとができてたのしいです」とはなしていました。

このみせは、東京都とうきょうと港区みなとくにある日本にっぽん財団ざいだんビルの1かいで12がつ7日なのかまでひらいています。

むねおおきくする手術しゅじゅつをしてからだ問題もんだい

むねおおきくするため、やわらかいゼリーのようなものむね注射ちゅうしゃしてれる手術しゅじゅつおおくなっています。きずちいさくて、からだ全部ぜんぶ麻酔ますいをする必要ひつようもないからです。

日本美容外科学会にほんびようげかがっかい(JSAPS)は今年ことし美容びよう手術しゅじゅつなどをしている医者いしゃにアンケートをして、132にんこたえました。このなかの72にんが、ゼリーのようなものむねれたあとからだ問題もんだいひと診察しんさつしたことがあるとこたえました。

問題もんだいひとの44%は、むねにかたいところができていました。22%は、たかねつたりむねいたくなったりしていました。

このため日本美容外科学会にほんびようげかがっかいは、むね手術しゅじゅつでゼリーのようなもの使つかわないようにするルールをつくることにしました。